We are NAGAKEN!

芸術から建築へ

建築事業部森 裕子

沖縄県立大学大学院彫刻専修 卒。
施設等の彫刻制作をしつつ沖縄県立芸術大学非常勤講師に。
その後、愛知県内の設計事務所、工務店を経てNAGAKEN入社。
現場管理のみならず、前職を活かしオブジェ提案なども。

求めていた「環境」がここにありました

NAGAKENでは小~中規模の建築一式工事が多く、本人の意向次第で短期間にスキルアップできることが大きな魅力です。
ひとつの現場ですべての工種を管理しますので、その過程で多くの知識や体験、広い視野を身に着けることができるのもいいですね。
私自身、現場管理としてはまだ一年目ですので、特にコミュニケーションを大切に、安全かつ円滑に工程が進むよう取り組んでいます。
また建設業界ということで、まだまだジェンダーフリーとは言い難いことが現状ですが、現場管理は環境次第で女性も輝ける場所です。
ここにはその土壌がありますし、私自身もその環境の一端になれればいいと思います。

リフレッシュは、体を動かして

オフの日は、しっかりと疲れを癒すために色々なことをします。
気分によって、銭湯で大きな湯船に浸かって身も心も清めようって
日もあれば、友人とランチをして、世間話に花を咲かせたり。
それと、最近「システマ」を始めました。
ロシアの軍隊格闘術なんですけど、ご存じありませんか?
今着てるTシャツがそれなんですけど。
社長も格闘技がお好きなので、たまにお話したりします(笑)。

採用情報はコチラ

概念にとらわれない営業を

営業部神谷 宏

土木建築・現場管理を十五年経験。
その後NAGAKENに入社、不動産開発営業として勤務。
大型開発案件のみならず、大型建築案件の営業も。
枠を超えた営業に率先して取り組んでいる。

自由な発想と、それを可能にしてくれる場所

大型開発案件の営業という立場ですが、私自身、建築や不動産への知識に満足しておらず、その勉強のために建築営業にも関わらせていただいてます。
経営層との距離が近く、こういった相談や提案も柔軟にできることがNAGAKENの良いところだと思いますね。
それに対応できるだけの経験豊富な社員がいますし、サポートをしてくれる体制も整っていますので、自由な発想で仕事が進められます。
私自身、この環境を利用してまだまだ新しいことにチャレンジしていきたいですね。

休日はふつうのお父さんです(笑)

特段言うこともないただのお父さんになっちゃいますね(笑)
強いて言うのであれば子供たちと遊ぶのが好きです。
さらに言うなら家族と過ごすことが息抜きになっていると思います。
あとは旅行が好きですかね。
旅先で出会った物事って本当に様々で、それって絶対に旅に出ないと感じられない空気ですし、見ることのできない視点でもあると思うんです。
子供たちにも、私自身も、「狭い人間」にはなってほしくないので。
これからも様々なところへ行って自分と子供たちの視野を広げていきたいですね。

採用情報はコチラ

“実現可能”への最短ルートを

経営企画室金田 典雅

自動車セキュリティシステム開発設計に三年従事。
のちに不動産管理会社役員を経て代表取締役就任。
退任後、NAGAKENへ入社し現在に至る。
財務管理と資金調達を行い、経営を支える。

理想を実現するために

NAGAKENの良いところは沢山ありますが、私の場合は純粋に永草社長のお人柄に触れてその理想を具現化することを使命に日々働いています。
「理想」という枠組みはとても大きいものですが、財務の観点から見て何が今実現可能で、逆に何が不足しているのか、明確にして導いていくのが私の仕事です。
会社の路線に新たなチャレンジが必要な際、それを可能にしてくれるフットワークの軽さがあることも弊社の魅力の一つと言えると思います。
一方、横方向コミュニケーションや業務全体の俯瞰は業界的に課題が残るところでもありますので、私自身の視点からも是正の案を出していければいいと思います。
それを可能にしてくれる土台はすでにありますので。

休日も、社会の一部に触れて

実は趣味が清掃ボランティアだったりします。
普段何気なく歩いている道や施設でも、そこを使いやすい状態に整えている人って見えないだけで確実にどこかにいるはずなんです。
その人たちへの感謝を忘れないために、たまには自分がその側に立つ。
視野を広げてくれる大切な体験だと思います。
それに、きれいにするって、それだけで気持ちがいいですしね。(笑)
視野を広げるという意味では旅行も好きだったりします。
どうしても仕事では限られた場所での体験にとどまりますので、休日に違う場所へ行って、違う空気を吸って、違う味を知る……こういう体験が自分を豊かにしてくれると思います。

採用情報はコチラ

NAGAKENへ新しい風を

土木事業部宮崎 拓哉土木事業部猪俣 滝

2020年入社、現場代理人、主任技術者として勤務。
NAGAKENの若手社員として現在、着実に経験を積んでいる。

アクティブな休日を過ごしてます(笑)

普段はどちらかというと外に出て過ごすことが多いですね。
散歩代わりにショッピングをよくします。
最近の流行を見てみたりだとか、野菜が高いなあ、なんて思ってみたりもして。(笑)
純粋にバドミントンで体を動かしたりもしてるんですよ。
でも、一番の運動は愛犬と遊ぶ時間ですかね。
激しく体を動かすことももちろん好きですが、愛犬と心を通わせている時間って、自分の中で思考の整理時間でもあって。
私を癒してくれるだけでなく、明日への元気もくれる大切な家族なんです。

趣味を満喫してます

休日はキャンプへ行って自然と触れ合うのが好きですね。
季節の移ろいとか、そういったものって日常の中でどうしても忘れがちなので、自分からこういう機会を設けて積極的に感じていくようにしてます。
それと実はカメラも好きで……特に一眼レフで写真を撮るのがマイブームですね。
じっくりと趣味に向き合うと、すごく頭が冴えわたってリラックスできるんです。
これからもそういう感覚を大切に自分の時間を楽しんでいきたいですね。

自由な社風で、責任ある仕事を

(宮崎)―NAGAKENの特徴は何といっても自由な社風ですね。
自分のペースで仕事が進められますし、そのための対応もしっかりしてくれます。
今私は春日井市の公共工事で現場代理人を務めていますので、このまま経験を積んで、NAGAKENにとって経験の少ない箇所もカバーできるような人材になっていきたいです。

(猪俣)―年功序列でないところが特にいいと感じたところですね。
その分責任はありますが、それさえしっかりとこなせば若手の社員でも様々な仕事を任せていただけますし、しっかりと評価してくれるのでやりがいがあると思います。
若手の社員も多いので、一人一人が実力をつけて唯一無二の会社にしていきたいです。

採用情報はコチラ

やっぱり、永賢が一番でした

建築事業部舘 勝稔

地元工務店にて計六年、総合建設業とリフォーム業を経験。
中堅ハウスメーカーにて十二年勤務。
NAGAKENにて四年勤務の後、一年他社にて勤務。
その後、NAGAKENに戻り現在に至る。

会社とともに成長を

NAGAKENは現在、地元で一、二を争う企業ではありますが、まだまだこれから成長していく企業であると確信しています。
自分自身、数千万円から数億規模の現場を所長という立場から管理し、十分な責任感を感じていますが、現状の満足感に自分一人が浸るつもりはありません。
地域貢献は勿論のこと、売り上げ、利益も共に伸ばし、働いている社員一人一人が更に自信と誇りをもって業務に取り組める会社にしていきたいと常日頃から思っています。
そのための風土は私たちが作っていくものです。
今NAGAKENにある、縦の垣根がないこの雰囲気を大事にしながら、もっと活発に意見が出しあえる、そんな会社にしていきたいと思います。

休日は穏やかに、リラックスして

休みの日は、普段できないゆっくりした時間を過ごしています。
ベタな答えかもしれませんが、魚釣りが好きなんです。
釣り上げた時の高揚感も勿論ですが、獲物を待っているときの時間が好きですね。
その時間で普段考えられないことをゆっくりと考えるんです。
あとはゴルフも好きですね。
緑に触れながら体を動かすと、疲れもどんどん癒されていくようで……。
癒されるっていうんですかね(笑)
勿論妻との買い物も自分にとって大切な時間です。
いつも支えてくれる妻にプレゼントを買ったりもしたいですね!

採用情報はコチラ

家業を引き継ぎ、未来へ

総務部松井 克将

内装工事の現場監督として十一年従事。
その後、家業のナガケン不動産へ入社。
NAGAKENの社員となる。
現在、入札営業から経営まで、多岐にわたる業務を行う。

春日井一の会社を目指して

NAGAKENに関わるきっかけは家業を引き継ぐことでした。
ですが、今私にはここで働く明確な夢と目標があります。
まずは創業者の想いである都市問題の解決です。
今のNAGAKENなら多岐にわたる方法、それこそデザインの観点からの解決もできます。
NAGAKENに強く根付いている、この自由な社風と人材の多様性でご満足いただける提案をしていきたいと思っています。
そしてゆくゆくは春日井で一番の企業にすること。
これが先代の、そして私の掲げる大きな夢です。

思い切り、力を抜いて

実は映画鑑賞が好きで。
映画っていろんな場所へ連れて行ってくれますし、いろんな体験をさせてくれますので。
勿論本当にその場所へ行って、その体験をしないとできないことは沢山あります。
ですが、映画には映画でしか体験できないこともあると思うんです。
現実では難しいこともこれでもかと実現してくれるので、見ていて楽しいですね。(笑)
それ以外だとやっぱり、家族や友人と買い物や食事をすることが自分の中で一番の息の抜き方じゃないでしょうか。
やっぱり人間、一人一人が全く違う人生を歩んでいますので、その体験を食事ついでに聞いて談笑するのは楽しいですし、思わぬヒントがあったりしますね。

採用情報はコチラ

いい仕事はいい職場環境から

建築事業部本多 伸行

一級建築施工管理技士、及び二級電気施工管理技士所持。
資格と経験を活かし、現場施工管理に従事。

より良い未来と、環境を目指して

今現在、私の立場としては資格を活かしての現場管理が主です。
NAGAKENの特徴として社内のコミュニケーションとフットワークが軽いというところがありますので、そこをぜひとも活かして業務の効率化を図っていきたいですね。
それと、今時点でも十分といえるものではありますが、職場環境も活発に意見を取り入れ、自分自身も出していって、時代に常に追いつけ追い越せで改良したいです。
ジェンダー問題も建築業界では目につく問題ですが、それが少ないここだからこそ、将来を見据えてもっと「働きやすさ」を追求していきたいですね。
幸い、ここにはそれに共感してくれる仲間や垣根のない考え方をできる人間が集まっていますので、自分も一歩踏み出して、この問題に取り組んでいこうと思います。

家族と過ごして、ゆっくり息抜きを

休日は家族と過ごすことが多いです。
やっぱり、家に帰って、家族と過ごすってありきたりかもしれないんですけど一番心も癒されますし、元気をつけてくれるんですよね。
そのために自分の中でしっかりタスクを管理して、家族との時間を捻出できるように普段から心掛けているくらいです。
仕事とプライベートを完全に切り離すことは難しいですが、それぞれの時間にそれぞれのことについて頭と体をフル回転させることで、ONとOFFの切り替えをしっかりと行えるように自分なりに気を払っているところだと思います。

採用情報はコチラ

Contact

建築・土木・不動産をはじめ、先進の技術と人間力で、
お客様のお悩みをワンストップで解決します。
NAGAKENへのお問い合わせご相談はお気軽にコチラから

Contact

more