ニュース&トピックス

《建通新聞 2017/7/11掲載》

永賢組は7月7日、春日井市内で安全衛生協力会発足式と総会、
記念演奏「100万人のクラシックライブ」を開催した。
発足にあたって永草社長は、「経営理念は『人と人のつながりを大切にして未来を創造する』。
古くからの協力業者も新しい協力業者も、深いつながりを持っていきたい」と強調するとともに、
「2020年6月までにグループ全体の売上を100億円まで拡大する。
協力業者も一緒に大きくなっていく。協力会は下請けではなく協力業者、
いずれはパートナーとして信頼関係を築きたい。
そのためにしっかり仕事を受注していきたい。
刺激し合える、成長し合える協力会にしたい」と経営理念について説明した。
発足式では、会則と行事予定の説明の他、安全スローガン、協力会役員、理事紹介が行われた。